Primary School Overview

Greetings from the Principal 校長ご挨拶

この度は、2018年4月にKumamoto International School(熊本インターナショナルスクール、略称KIS)の開校に当たり、ご関心をお寄せ下さいますことに心より感謝申し上げます。また、これから始まる旅路の第一歩を踏み出した今、私の心は希望にあふれ、わくわくした思いでいっぱいです。ピカソインターナショナルは、熊本インターナショナルスクールの幼児部で、2003年に設立されました。 当時は熊本市街のビルの一角で英語保育を行い、園庭は無く、園児もわずか15名ほどでした。私の長男も第1期生3名のうちの1人です。
2006年には熊本市東区西原に移転し、念願だった3つの教室と職員室を備えた園舎と園庭を設置することができました。また、2009年には園舎を増築し、多目的ホール、屋上のプール、図書室、会議室、バルコニー、広い園庭を完備しました。そして、現在約100名の園児が在籍しています。短い間にこのような大きな成長を遂げることができましたのも、ご賛同いただいた保護者の皆様や地域の方々のご理解・ご協力があったお陰だと感謝しております。
園としてこのように大きく成長して参りましたが、私たちの教育に対する理念は開園当初と全く変わっておらず、英語教育だけではなく子どもたち一人一人の「人としての成長」を見守っていく姿勢は今も同じです。勉強と遊びのバランス、人としてのマナーや責任感の醸成は、私たちの教育理念の中でもとても重要な部分です。 さて、過去18年の間、保護者の皆様の様々なご要望やご提案を受け、職員一同でより良い環境づくりに力を入れて参りました。
その中で、まだ課題として残っておりましたのが、ピカソを卒園した後にも英語教育を継続できる小学部の開設でした。実は、7年ほど前に小学部の開設について真剣に調査を試みましたが、法律上や経済面での大きな壁があり、その時点では計画をさらに具体的に進めることはできませんでした。

こうした課題については今後も取り組んでいく必要がありますが、この度、入念なる調査と準備が実を結び、KIS小学部を開校する運びとなりました。KISの目指すところは、英語教育だけではありません。子供たち一人一人の学問的、身体的、さらに社会的成長を導く環境の整った世界レベルの学校を、子供たちの伸び伸びとした成長にとって最適な環境であるここ熊本において築くことこそが、私たちの使命だと思っています。また、子供たちが色々な角度から物事をじっくりと考える力を身に付け、思いやりのあるグローバル市民に成長できるようなカリキュラムを取り入れることを目標としています。世界の共通語である英語力を身に付け、子どもたちが国内外のどこにいても、どんな将来や職業が待っていても、それぞれの道で成功を勝ち取る力をKISで備えることを願っています。
最後に、先日友人とKISの理念について話しをしていた時、「KISの卒業生達がどのように羽ばたき、将来どのような大人になるのか本当に楽しみだ」と言ってくれました。 共感を得られたことに言葉にならないほどの喜びを感じたとともに、私自身が誰よりも強く、子どもたちの成長を心より楽しみにしていることを改めて痛感しました。

紹介:熊本インターナショナルスクール校長 マシュー オーム

熊本人図鑑
校長の
インタビュー
(第44回2018年08月01日)

C urriculum カリキュラム

KISでは国際バカロレア初等教育プログラム(PYP)
のカリキュラムにそった教育を行っています。
児童たちが、自信に満ち、また様々なことに関心を
抱き論理的に考えることのできる大人に成長し、
現代のグローバル社会で活躍できるようにサポートします。

そのための基礎として、読み書き(英語・日本語)、算数には
日々徹底して力を入れています。
この基礎科目に関しては、児童が重要な基礎を確実に
習得できるように、各児童の学習能力に応じて
グループ別の指導を行っています。
英語はPYPに基づいて、また、日本語は
文部科学省の学習指導要領の理念を入れて指導しています。

国際バカロレア(IB)
の初等教育プログラム(PYP)

Learner Profile

「IBの学習者像」とは、私たち教育者がPYPを通して児童に求め、育みたいと願う10の人間性のことです。KISでは、PYPの教科の枠をこえた学習を通して、この10の人間性を児童から引き出し発展させることを目指しています。

IBの学習者像の10の人間性

● 探求する人
● 知識のある人
● 考える人
● コミュニケーションができる人
● 信念をもつ人
● 心を開く人
● 思いやりのある人
● 挑戦する人
● バランスの取れた人
● 振り返りができる人

国際的視野を持った人が求められる21世紀において、この10の人間性を育てることこそが国際的視野を持つための土台になると考えています。

イメージ画像:

Study and Self-Management Skills

生涯にわたって自立した学習者になるために、そして意味のある探究学習を行うために、児童はその基礎となる幅広いスキルを習得する必要があります。PYPでは、児童が以下の5つのスキルを習得して応用できるよう重点的に指導を行います。

● コミュニケーションスキル
● リサーチスキル
● 自己管理スキル
● 社会性スキル
● 思考スキル

これらのスキルは「学び方を学ぶ」ことこそが教育の基礎であるという信念の基に樹立されています。


イメージ画像:

International Mindedness

多文化性を持った国際的な世界において幅広い人々と協力し合うためには、児童は様々な文化に根ざした考え方を理解しなければなりません。PYPのInternational Mindedness(国際的視野)を重点的に教えることにより、児童が様々な国、背景の人々と意思疎通することが可能になるのです。

イメージ画像:

Transdisciplinary Units of Inquiry

PYPでは、コンセプトを中心としたカリキュラムが土台になっており、どの学年でも6つの教科の枠をこえたテーマをもとに授業が行われます。これら6つのテーマはそれぞれ大きな質問や課題を児童たちに投げかけます。児童は、KISで過ごす6年間をかけて、これらの質問や課題にじっくり取り組むという総合的かつ厳しい小学校教育を受けます。
「探究の単元」の授業は、伝統的な教科の壁を自由に越え、児童たちが様々な教科で得た知識を繋ぎ合わせ、より深いレベルで物事を理解できるように導きます。そして、児童たちが自らが学ぶ原動力となるように導くのです。更に、探究する過程は、全ての児童にとって、学習内容を理解し論理的思考を発展させる大きなチャンスになります。

PYPの探究の単元

PYPの6つの教科の枠をこえたテーマ:
1)私たちは誰なのか
2)私たちはどのような場所と時代にいるのか
3)私たちはどのように自分を表現するのか
4)世界はどのような仕組みになっているのか
5)私たちは自分たちをどう組織しているのか
6)この地球を共有するということ

イメージ画像:

Japanese Language Instruction

イメージ画像:国語の教科書

国語(東京書籍)

  • 熊本市指定の国語教科書を使用
  • 日本人教諭による指導(毎日)

Comprehensive Japanese Kokugo Instruction
英語のみならず国語の指導も徹底

ほとんどのKIS児童が日本語を母国語とするため、日本語を読むこと、書くこと、話すこと、そして完全に理解することが大切です。
国語の学習については、基本的には熊本市指定教科書を使い、学習指導要領の指針を取り入れたうえで、教科書の学習に加えて、読解、作文、暗唱、音読学習などを独自の教材を使って行うことにより、より発展的な国語学習を行います。

イメージ画像:徹底的な国語指導も毎日

I nstructional Methodology 指導方法

Active Learning

本校では、全ての授業にアクティブラーニングを取り入れています。教師が一方的に教えるのではなく、児童が様々な活動(実験、ゲーム、発表、ディベートやディスカッション)を通して、自らの考えを表現できる授業を主体としています。教師との対話的学習の積み重ねにより、児童自ら学びに向かう力、自ら考える力を身につけます。
思考力を学ぶには何年もかかります。 KISでは、アクティブラーニングと教科の枠にとらわれない学習(TDL)を採用することによって、児童に考えることを教えています。 アクティブラーニングとTDLの両方の有効性は、教育に関する数多くの研究に支持されています。
アクティブラーニングの特徴は、教師は質問をし、児童はそれに応答するという双方向の積極的な参加に依存している点です。 アクティブラーニングには多くの形がありますが、主な利点の1つは、児童が教師に頼ることなく、自分自身で質問に対する答えを調べ、正当化することを学ぶことです。 教師が提示する事実をただ記憶するのではなく、児童は勉強している内容を理解するようになります。
 【電子黒板】今注目されている電子黒板をいち早く導入し、そのさまざまな機能を活用しアクティブラーニングの授業を構築しています。
  当校でのアクティブラーニングは充実したIT環境に支えられています。全ての教室には最新の教育テクノロジーを乗せた電子白板を完備。全児童には個人用のノートパソコンを与えています。

Differentiated Instruction

学習において、児童の理解力やペースは一人ひとり違います。教科により得意不得意もあります。そのため、一人ひとりのレベルに合わせた指導と学習環境が必要です。KISでは、サポートティーチャーシステム、IT環境、それぞれの児童のレベルに応じた教材や課題を用いることで、児童の学習能力とやる気を最大限に引き出すことに努めています。
IT環境は、児童一人ひとりに合わせた学習をする上でとても重要な役割を果たしています。 KISでは、児童は入学時からすぐにクロームブックを1台ずつ持たせ、家庭での宿題や勉強、またオンライン授業に用いています。例えば、英語のリーディングの学習においては、各児童のクロームブックに8,400冊以上の英語の本が収録されており、その難易度は29レベルに分けられています。児童は自分のレベルにあった、興味のある本を選択し読むことが出来ます。更に、宿題として、児童は定期的に自分の本の音読を端末に録音し担任に提出しなければなりません。そうすることで、教師は児童の学習がどれだけ進んでいるか確認でき一人ひとりに適切な指導が行えます。 また、全ての教科においても、宿題は日々、児童一人ひとりのレベルに合わせて出されます。こうした丁寧な指導は児童のやる気を引き出し、学習の効率も上げます。

イメージ画像:

Staff 教職員

◆校長

  • ・米国教諭免許取得(小学・中学・高校)

◆クラス担任:英語ネイティブ教員

  • ・クラス担任は、出身国または米国の教諭免許を取得しています。
  • ・クラス担任が指導する教科:英語、算数、理科、社会、音楽、図画工作。
    これら全ての教科はPYPに基づいた教科の枠にとらわれない探究の単元によって指導されます。
    (音楽は日本人教諭と一緒に指導)

◆教科担任:日本語ネイティブ教員

  • ・国語、音楽、体育に関しては日本の教員が指導
  • ・小学校教諭免許取得者及び中学・高校教員免許(国語)取得者を配置
  • ・国語の指導は、国語教員免許取得者が行う

◆サポート教員:英語ネイティブ教員

  • ・出身国の、又は米国の小学校教員免許取得者

◆体育担当教師

◆保健の先生:看護師有資格者

Join Us! 採用情報

募集職種 日本人教諭
職務内容 小学生国語の指導
募集職種 日本人教諭
求める人材 経験者優遇
勤務時間 8:00〜18:00 の間で相談可。
お問い合わせ先
Email  : renraku@kumamotointer.jp
Phone : 096-285-3938

担当    : 熊本インターナショナルスクール校長 マシュー オーム

Donations 寄付

熊本インターナショナルスクールは非営利目的の一般社団法人です。そのため、資金の一部は寄付して頂いたものに頼っています。
どのような額の寄付も我々の教育のクオリティの向上への多大なサポートになります。

熊本の児童の為に一級の国際教育の場を設けるお力添えをありがとうございます!

熊本インターナショナルスクール校長
マシュー オーム